FC2ブログ

salón de belleza 美容師snapのブログ

静岡市 葵区 鷹匠で、髪の毛の事をいろいろ考え、日々楽しく美容師をしています。

スポンサーサイト

Posted by snap on


ブログ、引っ越しました♪

綺麗なスタイルは綺麗な髪から・・・salón de belleza    美容師snapのブログ

IMG_1613

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラーとハナヘナ ナチュラル

Posted by snap on   0 comments   0 trackback


ブログ、引っ越しました♪

綺麗なスタイルは綺麗な髪から・・・salón de belleza    美容師snapのブログ

IMG_1613

今日は暑いですね~


暑いからというわけじゃないけど…

以前から気になっていたが、

忙しくてできなかった

スタッフ まきちゃんのカラーをやって、

ついでに

ハナヘナ トリートメント+GIOローション

の効果を検証してみようかと思います♪

カラーが退色し、艶のない髪が 
カラー
カラー


こんなに発色よく、艶々に! 
カラー
カラー




ワンシャン後、ドライ

ゼロベース
カラー前1

カラー前2


ベースカラーは

 オレンジ9 1:1 G9/9 OXY6%


ホイルワーク

ハイライト
 G10/13 3:1 LT (ライトナー) OXY6%×2

ローライト
 レッド9 1:1 P8/8 OXY6%


(カラー剤はプロマスターを使っています。)


まずはホイルワークして、

新生部をリフトアップ
リフトアップ1

5分置いてから、既染部にもベースカラーを塗布して

15分放置 写真撮るの忘れました(^_^;)



炭酸で流して

ASID+OXY-ZERO 塗布して

DO-Sシャンプーでバブリング

流してから


ハナヘナ ナチュラルを、GIOローション5%溶液で溶いたものを塗布

ハナヘナ

ハナヘナ

15分放置後

DO-Sシャン・トリ


そのままドライして軽くスタイリング

フィニッシュ

フィニッシュ

フィニッシュ



デジカメの性能が良くないので(+_+) 質感が伝わりにくいのですが

AI-MISTやオイル等のスタイリング剤を

一切つけずに、

ハナヘナとGIOローションのみ

でこの艶と手触り感は

かなりいいのではないかと思います。


あと、ゼロベースからのカラーリングは、

薬剤も放置時間も少なくて済み且つ発色もいいので、

前処理剤つけるよりも髪に対する負担が少ないと思います。


そして、狙った色を出しやすいので、

非常にやりやすさを感じました♪




これからのカラー技術の拡がりを期待できますね♪





すべての基本はここから
ノンシリコンシャンプー&トリートメント
DO-Sシャンプー&トリートメント

スポンサーサイト

DO-Sシャンプー・トリートメント

Posted by snap on   0 comments   0 trackback


ブログ、引っ越しました♪

綺麗なスタイルは綺麗な髪から・・・salón de belleza    美容師snapのブログ

IMG_1613

DO-Sシャン・トリって何?な方に

本物のヘアケアとは?
do-sシャントリ


重要リンク

市販 ノンシリコン シャンプーって・・・

美容師が口コミですすめるシャンプー

ビビり毛修正 検証

Posted by snap on   0 comments   0 trackback


ブログ、引っ越しました♪

綺麗なスタイルは綺麗な髪から・・・salón de belleza    美容師snapのブログ

IMG_1613

久しぶりに更新します

snapです。



DO-S縮毛矯正の神器が、概ねそろいましたので\(^o^)/

DO-S縮毛矯正ラインナップ



今回はビビり毛修正の検証をやってみました♪


自作のビビり毛です



ブリーチ…
ビビりブリーチ



8レベルのカラー毛…
ビビり8トーン





…やりすぎた まさしくどS(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

これ、修正できるのか?

検証が無駄になるんじゃねーの?

と、一抹の不安を感じつつ作業にとりかかる



DO-Sシャンプーでやさし~くやさし~く

シャンプーします でないとプチプチ切れちゃいます((+_+))


そして~  鬼の前処理なし!

からの~

場末のぢ~ぢ提唱の1液!

SA7GMT

SA7 20:1 GMT

中性のパーマ剤に酸性の還元剤をまぜることで

酸性領域のパーマ剤をつくります

これによりアルカリと熱で、てろてろになったダメージ部分に

極力負担をかけずにパーマをかけます。



1剤塗布
1剤塗布


そのまま放置40分!(これまた長い!)



やさし~く流して

DO-Sシャンプーでバブリング


GIOローション噴霧
GIOローション


DO-Sウォーター A B 噴霧して

コンプレックスによる被膜をつくります
DO-SウォーターAB



これまた やさし~くドライして

アイロン施術にはいります

140度 ノンテンション、ノンプレス

ゆっくり丁寧にのばします。


2液は

過水1.2%を5分

DO-S SC-Tio(ブロム酸)を15分放置しました


またまたやさし~く流して

DO-Sシャンプーでバブリング

DO-Sトリートメントたっぷりつけて

かるく流します。


そして、髪の毛の補強!

タンニン1割まぜたハナヘナ塗布!
タンニンハナヘナ
今回のハナヘナはナチュラルでした(汗
ハナヘナN


ハナヘナナチュラル

30分放置

DO-Sシャン・トリして

AI MIST噴霧して
AIMIST


ドキドキのドライ!






8レベルカラー毛

ドライ8レベル



ブリーチ毛

ブリーチ1

ドライブリーチ





ん ん~
のびてる…

すごい!ブラシ通してません!


場末のぢ~ぢのブログのとおりにやったのですが

自分でやると自信がつくというか…

なにより、仕事が更に楽しくなってきました!!



ぢ~ぢに感謝です!m(__)m


ノンシリコンシャンプー&トリートメント
DO-Sシャンプー&トリートメント

DO-S提唱 クリープパーマ をやってみた Ⅱ

Posted by snap on   0 comments   0 trackback


ブログ、引っ越しました♪

綺麗なスタイルは綺麗な髪から・・・salón de belleza    美容師snapのブログ

IMG_1613

こんにちは snapです。

今回は DO-Sクリープパーマの

アジャスト(調合して合わす)クリープ

をやってみました♪


ブリーチで色を抜いたウイッグ

ブリーチ

前回は、

通常のパーマと、クリープパーマでのかかり具合の違いを、検証しました、

今回、同じではつまらないので、

ダメージヘアに、アジャストクリープとパワークリープ

両方かけたらどうなるのか? を検証してみたいと思います。


ワインディング

ワインディングB

使用薬剤

左側

つけ巻き

システアミン・システィン
ph7.7 アルカリ度 0.7


アプリケーター塗布

システアミン・システィン
ph8.5 アルカリ度 3.0




右側

水巻

チオグリコール酸
ph9.0 アルカリ度 5.0


左右共に放置7分

テストカール

テストカールB

ゆるい気もするが

ゆるく、しっかりかけたいので

中間水洗 炭酸で2分

テストカール

テストカールB中間水洗後

水洗前よりクリープが進行している

右の方がかかりが強い

薬が強いからあたりまえか…


クリープ 10分

クリープB




ブロム酸 5分の2度づけ



過水 5分の2度づけ


ロッドアウト

アウトB


流して、何もつけず

自然乾燥

自然乾燥b


左側

弾力があり、ふわっとしたかかりあがりになった

手触りもさらさらしており、ダメージも最小限に抑えられた感じだ


対して右側だが、かかってはいるが、ウェーブがだれていて、弾力もない

手触りはざらついていて、毛先は少しちりついている。


写真でみるとわかりづらいけど、このかかりあがりの違いはかなり大きいと感じた

場末のぢぃ~ぢ が言っているように

ハイダメージ毛のクリープパーマは、細心の注意が必要であり、

このアジャストクリープパーマは、失敗しないテクニックであると理解できました!

やはり、自分で検証してみると腹におちますネ



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

DO-S提唱 クリープパーマ をやってみた

Posted by snap on   0 comments   0 trackback


ブログ、引っ越しました♪

綺麗なスタイルは綺麗な髪から・・・salón de belleza    美容師snapのブログ

IMG_1613

前回、DO-Sシャントリの実力を目の前にし、

なにこれ?と少なくないショックを受けたsnapです。

今回は 場末のぢぃ~ぢ 提唱のクリープパーマ技術を自分なりに検証してみました。


クリープパーマってなに? ですよね


ものすごく簡単に言うと、

パーマ施術の間に蒸す(湿熱膨潤)工程を加えることで、

髪のタンパク質を、巻かれているカールの状態に移動させて、

より弾力のあるウエーブに仕上げる技術のことです。


今回は パワークリープ をやってみました。

8レベルにカラーリングしたウイッグです

8レベル

これにクリープパーマをかけます

水巻きワインディング終了

ワインディング



使用薬剤

システアミン・システイン
Ph8.5 アルカリ度3.0


放置 7分

テストカール

テストカール

ん? ちょっとゆるいか?

でも、ゆるいパーマでしっかりかけたいからこのまま進みます

右だけ炭酸で2分中間水洗

左は酸リンスのみ


かかりの差を見るため

右だけクリープ 10分

クリープ

2液塗布 ブロム酸

左右ともに5分の2度づけ


ロッドアウト

かかり上がり

何もつけずに流して

一晩自然乾燥

自然乾燥


結果

このかかり上がりの差!

処理剤いっさいなし、使ったのはシステアミンのパーマ液のみ

今まで、ラクトンチオールとシステアミン(薬剤です)のダブル還元と

メーカー指定の処理剤がないと、このような弾力のあるウエーヴはかからないと思い込んでいました

DO-S式クリープパーマ! & 場末のパーマ屋の美容師日記

目からうろこです。

確実に自分の美容師人生は変わっていきます!

まだまだ検証しますよ~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。